カルデラソニック

CALDERA SONIC(カルデラソニック)は 多くのバンドを世に輩出する「登竜門」となる音楽イベントです。夢を持ったアツいアーティストが会場を熱狂の渦に巻き込み、全員で圧倒的に盛り上がる時間を提供します。

ラストは「サイプレス上野とロベルト吉野」♪圧巻のHIPHOPサウンドとDJプレイは神の域!

今回のカルデラソニックのトリを飾ってくれたのは結成15年以上になる横浜が地元の「サイプレス上野とロベルト吉野」。

MCニシガキさんが神のコラボと言っていたように、この2人のラップとDJプレイはテレビやラジオなどさまざまなメディアでも活躍するほど♪
ちょっと名前が長いので通称サ上とロ吉

f:id:endum_instand:20181014235423j:plain

 

迫力のあるラップと高速スクラッチで魅せるDJプレイに、観客の視線がくぎづけでした!


電気グルーヴ石野卓球さんプロデュースの楽曲『ホラガイHOOK』での「ホラガイフック!」と、『ぶっかます』での「うえのぉぉ~~♪よしのぉぉ~~♪」の大合唱での会場が一体感すごかったですね☆

あとは、リズムに合わせて通称である「サ・ウ・エ・ト・ロ・ヨ・シ」のコール&レスポンスがオーディエンスの耳に残っているのではないでしょうか。
さらに印象的だったのが横浜ベイホールが駅から遠いと連呼していたこと(笑)

11月にはメジャー1stフルアルバムが発売されるとのことで今から楽しみですね♪
最新情報はこちらからチェックしてください☆

twitter.com

4組目に登場したのは「FUN RUMOR STORY」♪かわいいだけじゃない、本格ロックサウンドが響き渡る!

後半戦に突入したカルデラソニックで、ヒューマンビートボックスとダンスのコラボステージの後に華やかに舞台に現れたのが雑誌KERA発のガールズバンド「FUN RUMOR STORY(通称ふぁんるー)」。

f:id:endum_instand:20181014235350j:plain


ふぁんるーの5人は白でそろえたキュートな衣装で、男性陣のちょっと低めの歓声が沸き上がりました(笑)
華やかに登場したかと思ったらハードなロックサウンドが鳴り響き、そのギャップに会場全体が大盛り上がり♪

今年の5月に発売された1st Mini Album「Colorful Story」から『Fighting MAN』『Colorful Story』『Wonderland』などを披露!
シャ乱Qはたけさんプロデュースのデビュー曲『水色デイズ』をはじめ、どの曲もキャッチーなサウンドでみんなすぐに覚えてノリノリの様子でした☆

もっと、ふぁんるーのことを知りたい方はぜひ公式ホームページをチェックしてくださいね!

funrumor-story.jp


メンバーみんなで次回のライブ情報や日々のあれこれをたくさん更新しているSNSも必見です。

twitter.com

最近LINE@も始めたそうです♪

LINE Add Friend



3組目は「RYOEM feat.GOODmen」♪ヒューマンビートボックスとダンスパフォーマンスのコラボ

カルデラソニックは多彩なジャンルの音楽やパフォーマンスに触れ合えるのも魅力のひとつ。
今回もありました、スペシャルなパフォ―マンスを堪能できる時間が☆

3組目に登場したのは「RYOEM feat.GOODmen」。
ヒューマンビートボクサーのRYOEM(リョーエム)さんとマルチエンターテイメント集団GOODmenからARAさんとSNACKさんというダンスパフォーマーとのコラボステージです。

f:id:endum_instand:20181014235258j:plain


ヒューマンビートボックスはどこから音が出ているんだという驚きのステージに会場全体から興奮の歓声が沸き上がりました♪
ベース音、リズム、メインのメロディ、歌まで全部ひとりでこなす、まさに神業。

GOODmenのおふたりのブレイクダンスもキレキレで会場を歓喜の渦に巻き込みました!
かっこいいだけでなく、コントを見ているような笑ってしまう場面やRYOEMさんとのかけ合いがおもしろかったです☆

出番終了後のインタビューで今回のコラボに至ったきっかけやオーディエンスの盛り上がりのすごさを語ってくれた3人。
今回もまたヒューマンビートボックスとダンスのファンが増えたに違いない!

f:id:endum_instand:20181015011415j:plain


ヒューマンビートボックスRYOEMさんのSNSに今後のライブ情報などや最新情報が細かくアップデートされています♪

twitter.com

www.instagram.com


マルチエンターテイメント集団GOODmenは今回ご出演いただいたARAさんとSNACKさん以外にも男前パフォーマーが勢ぞろい!
活動の様子はこちらをチェック☆

twitter.com





2組目に登場したのは「アテレモ」♪オーディエンスの女子がザワついたそのワケとは?

トップバッターの「GESUMETARU(ゲスメタル)」に続いて登場したのは、東京下北沢発 寒色系暖色バンド「アテレモ」。

アテレモの4人が登場するなり、女子たちから大きな歓声が上がりました!
おそらく4人のイケメンぶりに一目ぼれした人が続出した模様です☆

f:id:endum_instand:20181014235213j:plain


そんな4人の曲もかっこいいんです♪
すっと入ってくるポップなメロディーと心地よいリズム、ボーカル担当たくみさんのハイトーンボイスがオーディエンスの心を捕らえました!


全5曲を披露していただきましたが、時間があっという間に過ぎてしまったような感覚です。

11月15日発売予定の1st single『タカクテキベクトル』からも曲を披露してくれました。
1曲目『逆サマアンソロジー』では、胸に響くギターサウンドにオーディエンスのかけ声がミックスして会場全体が熱狂の渦へ。
4曲目に演奏された『リリック&ライラック』でも「ハロー!ハロー!」というフレーズのコール&レスポンスでアーティストも会場も一体となって盛り上がっていたのが印象的でした。

オーディエンスの反応の良さにアテレモの4人も大感激の様子!

ステージ終了後、彼らをまだ見たいという女性ファンがインタビューブースに殺到していました♪
とても仲良しの4人から今後どんな楽曲が発表されるのか楽しみですね!

f:id:endum_instand:20181015010859j:plain


ライブ情報や日常を細かく上げているTwitterや彼らのすべてがつまった公式サイトは要チェック!

twitter.com

atelemo.amebaownd.com





トップバッターは「GESUMETARU(ゲスメタル)」♪カルデラソニックは最初からボルテージ最高潮!

10月13日(土)に横浜ベイホールで開催されたカルデラソニック
全5組のアーティストのトップバッターで登場したのは「GESUMETARU(ゲスメタル)」。

まずは見た目のインパクトがすごいですね!
バンドメンバーのみなさんは武装スタイルで登場し、舞台には戦を思わせる旗が立っていました。
ちなみに、GESUMETARUのライブのことを「戦(いくさ)」と言います。

f:id:endum_instand:20181014235129j:plain


バンド名からジャンルはメタルだと思っていましたが、実はメタルではなくロックバンドとのこと!
よくカンチガイされるのだとか。
メタルバンドじゃないけど、語呂がよかったのでこのバンド名になったそうです。

アニソン(アニメソング)のカバーが多いそうですがオリジナル曲もたくさんあるんですよ♪
今回のステージでは、有名なアニソンのカバー6曲とオリジナル曲を披露してくれました!

おなじみのアニソンがかっこよくロック調にカバーされていました☆
銀河鉄道999』に始まり、『ルパン三世のテーマ』では会場全員で頭を大きく振ったり、コール&レスポンスも事前に練習してたんじゃないかというほど息ぴったり♪


オリジナル曲を挟んで、『ゲゲゲの鬼太郎』、ラストの曲はちびまるこちゃんのエンディングテーマとして大人気だった西城秀樹さんの『走れ正直者』のカバーでした。

みんなが知っていて口ずさめるアニソンが、違った雰囲気で聞けたことに会場は一曲目からボルテージMAX!
GESUMETARUのみなさんも会場全体の盛り上がりに戦に負けまいと全力のステージでした。

ステージ終了後、インタビューブースで戦(ライブ)の感想や今後の活動について語ってくれました。
この姿で会場内を歩いていたのでとても目立ちますね(笑)

f:id:endum_instand:20181015010806j:plain


興奮冷めやらぬメンバーのみなさんのTwitterやできたばかりの公式ホームページもチェックしてくださいね☆

twitter.com

 

gesumetaru.wixsite.com



「WWSチャンネル」でカルデラソニック特集配信中!ライブレポートもインタビューも盛りだくさん☆

10月13日(土)に横浜ベイホールで開催されたカルデラソニックは今回も大盛況に終わりました!
出演アーティストのみなさんは口々にオーディエンスの熱気がすごかったと語ってくれています。
出演者とオーディエンスが一体となって盛り上げる「全員参加」がカルデラソニックのテーマ♪
今回もかなりの盛り上がりを見せたカルデラソニックが前回同様、エンタメ情報サイト「WWSチャンネル」で特集として配信中です☆

f:id:endum_instand:20181017000533j:plain

出展:WWSチャンネル

カルデラソニック特集ページはこちら!

www.wws-channel.com

出演いただいた全アーティストのライブ動画とレポート記事、さらにスペシャルインタビューまで見れちゃいます♪

【GESUMETARU(ゲスメタル)】
最初に登場したGESUMETARUは、有名なアニソン(アニメソング)のカバーをメインにオリジナル曲も披露してくれました。
誰もが口ずさめるアニソンがロック調にアレンジされていて、トップバッターから会場の熱気は急上昇しました。

インタビューではバンド名の由来から、武士をイメージした和装の秘密まで語ってくれています!
ライブ動画はこちら

www.wws-channel.com

ライブレポートはこちら

www.wws-channel.com

インタビュー動画はこちら

www.wws-channel.com


【アテレモ】
下北沢発 寒色系暖色バンドのアテレモは、激しいロックサウンドとハイトーンボイスの心地よいボーカルが印象的でした。
オーディエンスもプレイヤーだと一体となって会場全体が興奮に包まれました!

寒色系暖色バンドの由来やバンド名を改名した理由からバンドメンバーが好きな音楽までアテレモのことをたくさん知れるインタビューとなっています。
ライブ動画はこちら

www.wws-channel.com

ライブレポートはこちら

www.wws-channel.com

インタビュー動画はこちら

www.wws-channel.com

 


【RYOEM feat.GOODmen】
ヒューマンビートボックスのRYOEM(リョーエム)さんとマルチエンターテイメント集団GOODmenからARAさんとSNACKさんが登場!
ヒューマンビートボックスに合わせてパフォーマーのお二人が躍るコラボステージにオーディエンスの視線集中。
途中、コントを見ているようなコミカルな演出とかっこいいダンスとバラエティに富んだ内容にオーディエンスは大満足☆

インタビューでは今回のパフォーマンスのコンセプトやコラボに至ったきっかけを話してくれています。
会場の盛り上がりに大興奮の様子です!

ライブ動画はこちら

www.wws-channel.com

ライブレポートはこちら

www.wws-channel.com

インタビュー動画はこちら

www.wws-channel.com


【FUN RUMOR STORY(ファン・ルーモア・ストーリー)】
通称ふぁんるーの5人は雑誌『KERA』発の原宿系ガールズバンド。見た目の可愛さと奏でるサウンドのかっこよさのギャップに会場はノリノリでした☆

インタビューではこの秋冬のおすすめファッションやハマっているものについてたっぷり語ってくれました♪
ライブ動画はこちら

www.wws-channel.com

ライブレポートはこちら

www.wws-channel.com

インタビュー動画はこちら

www.wws-channel.com


サイプレス上野とロベルト吉野
今回のカルデラソニックのトリを飾ってくれたのは横浜出身のHIPHOPグループのお二人☆
貫禄のある歌声と高速スクラッチでオーディエンスを熱狂へと巻き込みました。
コール&レスポンスで会場全体がひとつに。

結成して18年のおふたりは、初ライブがなんと横浜ベイホールだったそう!
今回のオーディエンスのあまりの盛り上がりに、サイプレス上野さんが実は……。
続きはインタビュー動画でお楽しみください☆

ライブ動画はこちら

www.wws-channel.com

ライブレポートはこちら

www.wws-channel.com

インタビュー動画はこちら

www.wws-channel.com


参加した方もそうでない方もこれは要チェック!
ライブの興奮がよみがえります。
ステージ上とは違ったインタビューでのアーティストの表情も新鮮ですね。

先日のカルデラソニックの中でも発表がありましたが、次回の開催が決まっています♪
来年2019年3月に渋谷、7月に恵比寿でやります!
詳細は決まり次第、公式サイトや公式SNSでお知らせします。

次回はどんなアーティストが登場するのでしょうか。
カルデラソニック自体もどのような成長を見せるのか今から楽しみですね☆

calderasonic.com

 

twitter.com

www.instagram.com

RYOEM feat. GOODmen出演決定!10月カルデラソニック出演者情報

10月13日(土)に横浜ベイホールで開催される「カルデラソニック」。
出演アーティストが決定しています☆
5組目のアーティストは…
「RYOEM feat. GOODmen」


学校を卒業と同時に某大手テーマパークのレギュラーショーにてシンガーとして出演。
また、ヒューマンビートボックスで日本公式大会で2年連続ファイナリストに選出、
たかの友梨クリニックのCMへの音源提供などシンガーソングライター以外としても幅広くマルチに活動している。

 

f:id:endum_instand:20181012151115j:plain


Twitter

twitter.com

 

twitter.com

Instagram

www.instagram.com

アーティスト情報はカルデラソニック公式HPにも載っています☆

 

calderasonic.com

 

 ■RYOEM Free style beatbox / RYOEM

youtu.be

 

 

■RYOEM Beatbox Showcase / RYOEM

youtu.be

 

今回はヒューマンビートボックスを披露いただく予定です!
以前もヒューマンビートボックスのパフォーマンスがカルデラソニックでありましたが、
間近で見る迫力は形容する言葉がみつからないほど。
楽しみですね☆

明日はいよいよライブ当日♪皆さんお楽しみに☆