カルデラソニック

CALDERA SONIC(カルデラソニック)は 多くのバンドを世に輩出する「登竜門」となる音楽イベントです。夢を持ったアツいアーティストが会場を熱狂の渦に巻き込み、全員で圧倒的に盛り上がる時間を提供します。

下北沢GARDEN特集!キャパは?アクセスは?どんなハコ?

数多くの劇場、ライブハウスが建ち並び、古着屋、おしゃれなカフェが多いことでも知られる下北沢。

個性を幅広く表現し、お互いに受け入れてきたことにより、いつしか「サブカルチャーの聖地」「サブカルの街」とも呼ばれるようになりました。

 

そんな下北沢でも最大規模のライブハウス、「下北沢GARDEN」にて、カルデラソニックが次回開催されます!

初めて開催するライブハウス、そのキャパは?アクセスは?
いったいどんなハコなのでしょうか?

 

今回はそんな下北沢GARDENについて紹介していきます。


■下北沢GARDEN

f:id:endum_instand:20181205004248j:plain

出典:GARDEN | SHIMOKITAZAWA

 

小規模から中規模クラスのライブハウスが多数存在する下北沢の中で、最も大規模なライブハウスです。

2009年6月にマルチライブホールとしてオープンしましたが、2011年10月にロック色をウリにしたライブハウスとしてリニューアルしました。ホールレイアウトやサウンドシステムを一新しており、 煉瓦スタイルの地下フロアは落ち着いた空間を提供しています。
また、客席には段差を設けているので、後ろのほうからでも比較的見やすいつくりになっています。

ザ・クロマニヨンズこけら落とし公演の第1弾に出演しました。

 

ザ・クロマニヨンズ / 生きる

www.youtube.com


出演者のジャンルは、ロックバンドを基本に、ジャズやアイドルなど多種多様です。


■キャパ
スタンディングで500人。
200~300人収容のライブハウスが多い下北沢では珍しく、大規模クラスのライブハウスです。
最前列は30人ほど並べます。
なお、ロッカーは地下にあり、全部で135個設置されております。

 

■アクセス
駅からのアクセスも抜群で、
小田急電鉄小田急線・京王井の頭線下北沢駅南口より徒歩2分です。

渋谷から6分、新宿から10分程度と都心からもアクセスしやすくなっています。
便利ですね!

 

もし、お車でお越しの際は、近くに数か所コインパーキングがございます。
1か所につき多くて10台程度ですので、電車での移動がお勧めです。


下北沢GARDENでのカルデラソニック、楽しみになってきましたね!

calderasonic.com


次回の開催は、2019年3月23日(土)!!
このブログで少しずつ情報をアップしていきますので、お楽しみに☆

2019年3月カルデラソニックは?下北沢GARDENで開催決定!!

2018年もあと残り1ヶ月となりました。

忘年会や送別会、年越しの準備で忙しくなってきてはいませんか?

 

1月は行く、2月は逃げる、3月は去ると言いますが、

年明け後もあっという間に時間が過ぎていくでしょう。。。。

 

 

で、す、が!

来たる2019年3月23日(土)!!

サブカルチャーの町、下北沢GARDENにて、

カルデラソニックの開催が決定しました!!!

 

 

■下北沢GARDEN

GARDEN | SHIMOKITAZAWA

f:id:endum_instand:20181205004248j:plain

出展:GARDEN | SHIMOKITAZAWA

 

 

音楽の街「下北沢」で、エリア最大のキャパを誇るライブハウスです!

新世代のロックから70′sパンク世代、60′s Rockn’Rollまで、骨太なロックを軸としながら、アコースティック、ジャズ、エンターテイメントまで楽しめる、非日常の空間を演出します。

 

 

これまで、下北沢GARDENでは、様々なアーティストたちが公演を行ってきました。

どんな方々が歌声を披露してきたのか、その一部を紹介していきましょう。

 

 

【ジェロ】

■海雪(MUSIC VIDEO) / ジェロ

youtu.be

 

大好きな祖母を喜ばせる為に自分でも演歌を歌い始めるうちに、自分自身が演歌の虜となったアーティスト。

見た目のギャップと心に響く歌声に、皆さん一度は驚いたのでは?

 

スネオヘアー

■無くした日々にさよなら / スネオヘアー

www.youtube.com

 

2002年メジャーデビュー。

これまでに9枚のアルバムを発表してきた傍ら、YUKI新垣結衣坂本真綾らへの楽曲提供やサウンドプロデュース、サントラ/CM音楽の制作や映画出演などでも幅広く活躍。その独特の存在感は音楽界のみに留まらず、各界のクリエイターや俳優・タレントからも注目を集めている。

 

 

【若旦那】

■トンネル(Acoustic ver.) / 若旦那

www.youtube.com

 

カルデラソニックにも複数回出演したアーティスト!

2003年に湘南乃風のメンバーとしてデビューし、 2011年よりソロ活動をスタート。自身のアーティスト活動の他にもプロデュースや作詞という形で加藤ミリヤ関ジャニ∞JAMOSAといった様々なアーティストの作品に参加している。

 

 

その他、江口洋介さんや及川光博さん、浅倉大介さんや泉谷しげるさんも下北沢GARDENにて公演を行っています。

これはもう最早、早く年明けしてほしいくらいですね♪あっという間に過ぎ去れ~☆

 

2019年一発目のカルデラソニック、出演アーティスト等の詳細情報についてはまたの機会に♪

calderasonic.com

乞うご期待!

10月カルデラソニックのアーティストインタビュー動画をアップしました!

冬の足跡が聞こえてきましたが、みなさまお元気ですか?

10/13(土)に行われたカルデラソニックに出演したアーティストのインタビュー動画が公式サイトにアップされました♪激アツだったライブ「カルデラソニック」に出演した感想について語ってくれています!

 

【GESUMETARU】
ライブのことを戦(いくさ)とよんでいる彼ら。今回の戦には勝利したそうです。会場の雰囲気、一体感が凄かったと感想をいただきました☆

youtu.be

 【インタビュー】カルデラソニック GESUMETARU 2018/10/13

 

【アテレモ】
終始楽しそうに語ってくれた4人。「お客さんのほうが仕上げてきてるので、何をやっても楽しかった。」と、笑顔で語って下さいました。 

youtu.be

 【インタビュー】カルデラソニック アテレモ 2018/10/13

 

【RYOEM feat. GOODmen】
今回の結成秘話と感想をいただきました!最後の「食欲の秋」にかけたトークは…(笑)お楽しみください♪

youtu.be

【インタビュー】カルデラソニック RYOEM feat. GOODmen 2018/10/13

 

【FUN RUMOR STORY】
むっちゃ盛り上がったライブと語ってくださった5人。「はじめての参加でも、一体感もって楽しめるライブです☆」と太鼓判いただきました♪

youtu.be

【インタビュー】カルデラソニック FUN RUMOR STORY 2018/10/13


サイプレス上野とロベルト吉野
最大の褒め言葉「ヤベェ空気」をいただきました!フリースタイルラップなコメントもいただき、贅沢なインタビューとなりました☆

youtu.be

【インタビュー】カルデラソニック サイプレス上野とロベルト吉野 2018/10/13


今回YouTubeのチャンネルにアップされた各インタビューの動画ですが、ライブの時の映像とその後のインタビュー部分とがミックスされているので、「こういう想いでアーティストはパフォーマンスしていたんだ!」とか「この場面はあとでこのように感じていたんだ」などと楽しむことが出来ます。あとから見ても「あの日の興奮」がよみがえるようですね☆
アーティストのみなさん、会場の盛り上がりに驚いていた様子でしたが、
また出演したいとのコメントをいただいて嬉しいかぎりです♪

カルデラソニック公式サイトの「MOVIE」のページでは、
今回10/13のインタビュー動画とともに、前回7/8に出演いただいたアーティストのインタビュー動画も見れちゃいます☆

 

calderasonic.com


次回のカルデラソニックは2019年3月に都内で開催予定!
出演アーティストなど最新情報は公式サイトで発表します♪
どんなアーティストが出演するのか楽しみですね☆

ラストは「サイプレス上野とロベルト吉野」♪圧巻のHIPHOPサウンドとDJプレイは神の域!

今回のカルデラソニックのトリを飾ってくれたのは結成15年以上になる横浜が地元の「サイプレス上野とロベルト吉野」。

MCニシガキさんが神のコラボと言っていたように、この2人のラップとDJプレイはテレビやラジオなどさまざまなメディアでも活躍するほど♪
ちょっと名前が長いので通称サ上とロ吉

f:id:endum_instand:20181014235423j:plain

 

迫力のあるラップと高速スクラッチで魅せるDJプレイに、観客の視線がくぎづけでした!


電気グルーヴ石野卓球さんプロデュースの楽曲『ホラガイHOOK』での「ホラガイフック!」と、『ぶっかます』での「うえのぉぉ~~♪よしのぉぉ~~♪」の大合唱での会場が一体感すごかったですね☆

あとは、リズムに合わせて通称である「サ・ウ・エ・ト・ロ・ヨ・シ」のコール&レスポンスがオーディエンスの耳に残っているのではないでしょうか。
さらに印象的だったのが横浜ベイホールが駅から遠いと連呼していたこと(笑)

11月にはメジャー1stフルアルバムが発売されるとのことで今から楽しみですね♪
最新情報はこちらからチェックしてください☆

twitter.com

4組目に登場したのは「FUN RUMOR STORY」♪かわいいだけじゃない、本格ロックサウンドが響き渡る!

後半戦に突入したカルデラソニックで、ヒューマンビートボックスとダンスのコラボステージの後に華やかに舞台に現れたのが雑誌KERA発のガールズバンド「FUN RUMOR STORY(通称ふぁんるー)」。

f:id:endum_instand:20181014235350j:plain


ふぁんるーの5人は白でそろえたキュートな衣装で、男性陣のちょっと低めの歓声が沸き上がりました(笑)
華やかに登場したかと思ったらハードなロックサウンドが鳴り響き、そのギャップに会場全体が大盛り上がり♪

今年の5月に発売された1st Mini Album「Colorful Story」から『Fighting MAN』『Colorful Story』『Wonderland』などを披露!
シャ乱Qはたけさんプロデュースのデビュー曲『水色デイズ』をはじめ、どの曲もキャッチーなサウンドでみんなすぐに覚えてノリノリの様子でした☆

もっと、ふぁんるーのことを知りたい方はぜひ公式ホームページをチェックしてくださいね!

funrumor-story.jp


メンバーみんなで次回のライブ情報や日々のあれこれをたくさん更新しているSNSも必見です。

twitter.com

最近LINE@も始めたそうです♪

LINE Add Friend



3組目は「RYOEM feat.GOODmen」♪ヒューマンビートボックスとダンスパフォーマンスのコラボ

カルデラソニックは多彩なジャンルの音楽やパフォーマンスに触れ合えるのも魅力のひとつ。
今回もありました、スペシャルなパフォ―マンスを堪能できる時間が☆

3組目に登場したのは「RYOEM feat.GOODmen」。
ヒューマンビートボクサーのRYOEM(リョーエム)さんとマルチエンターテイメント集団GOODmenからARAさんとSNACKさんというダンスパフォーマーとのコラボステージです。

f:id:endum_instand:20181014235258j:plain


ヒューマンビートボックスはどこから音が出ているんだという驚きのステージに会場全体から興奮の歓声が沸き上がりました♪
ベース音、リズム、メインのメロディ、歌まで全部ひとりでこなす、まさに神業。

GOODmenのおふたりのブレイクダンスもキレキレで会場を歓喜の渦に巻き込みました!
かっこいいだけでなく、コントを見ているような笑ってしまう場面やRYOEMさんとのかけ合いがおもしろかったです☆

出番終了後のインタビューで今回のコラボに至ったきっかけやオーディエンスの盛り上がりのすごさを語ってくれた3人。
今回もまたヒューマンビートボックスとダンスのファンが増えたに違いない!

f:id:endum_instand:20181015011415j:plain


ヒューマンビートボックスRYOEMさんのSNSに今後のライブ情報などや最新情報が細かくアップデートされています♪

twitter.com

www.instagram.com


マルチエンターテイメント集団GOODmenは今回ご出演いただいたARAさんとSNACKさん以外にも男前パフォーマーが勢ぞろい!
活動の様子はこちらをチェック☆

twitter.com





2組目に登場したのは「アテレモ」♪オーディエンスの女子がザワついたそのワケとは?

トップバッターの「GESUMETARU(ゲスメタル)」に続いて登場したのは、東京下北沢発 寒色系暖色バンド「アテレモ」。

アテレモの4人が登場するなり、女子たちから大きな歓声が上がりました!
おそらく4人のイケメンぶりに一目ぼれした人が続出した模様です☆

f:id:endum_instand:20181014235213j:plain


そんな4人の曲もかっこいいんです♪
すっと入ってくるポップなメロディーと心地よいリズム、ボーカル担当たくみさんのハイトーンボイスがオーディエンスの心を捕らえました!


全5曲を披露していただきましたが、時間があっという間に過ぎてしまったような感覚です。

11月15日発売予定の1st single『タカクテキベクトル』からも曲を披露してくれました。
1曲目『逆サマアンソロジー』では、胸に響くギターサウンドにオーディエンスのかけ声がミックスして会場全体が熱狂の渦へ。
4曲目に演奏された『リリック&ライラック』でも「ハロー!ハロー!」というフレーズのコール&レスポンスでアーティストも会場も一体となって盛り上がっていたのが印象的でした。

オーディエンスの反応の良さにアテレモの4人も大感激の様子!

ステージ終了後、彼らをまだ見たいという女性ファンがインタビューブースに殺到していました♪
とても仲良しの4人から今後どんな楽曲が発表されるのか楽しみですね!

f:id:endum_instand:20181015010859j:plain


ライブ情報や日常を細かく上げているTwitterや彼らのすべてがつまった公式サイトは要チェック!

twitter.com

atelemo.amebaownd.com